謎の親日国ブルネイ

  • 2019.12.08 Sunday
  • 16:30

当時、日本は世界一強い国だった。日清戦争で中国を、日露戦争でロシアで、太平洋戦争でイギリスを始め国際連盟を構成した、ヨーロッパの列強を破った。日本に勝利したのは国際連盟に加盟していないアメリカだけであった。日本の敗因は戦線を拡大しすぎたところにある。まあ、そのころの話である。

イギリスが植民地としていたブルネイは無敵の日本軍が占拠した。ブルネイは日本国ブルネイ県となり、木村強がブルネイ県知事として着任した。木村は軍部の方針に反し、インフラ設備と公共設備に投資をして、後のブルネイの経済発展をさせた。首狩り族と言われたイパン族とも和解させ、ブルネイを一つにまとめた。

木村の助手をして、木村の後を継いで、経済発展をさせた、ブルネイ人のオマルは国王に即位し、その後ブルネイと日本の友好は現在に至る。ブルネイの主要産業の天然ガスと石油は85%を日本に輸出している。またいろんな物資が日本から輸入する。

 

木村が赴任した時は世界有数の貧乏国であったが、現在は世界有数の豊かな国になっている。医療費、教育費などはすべて無料。消費税などもない。日本より治安が良い。気温は1年を通してほぼ一定だが、半分の日数が雨である。従ってビーチはあまり盛んではない。

 

 

 

バンダル・スリ・ブガワン

スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク

ブルネイの定番観光名所。通称オールドモスクと呼ばれている。礼拝時間以外には内部を見学できることもある。世界中から一流品を取り寄せ、贅を凝らした造りである。夜のライトアップが美しい。治安もいいので見に行こう。


ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク

これまた定番の観光名所である。こちらはニューモスクと呼ばれている。見た目も内装も豪華絢爛である。礼拝時間を避けて見学しよう。80年前まで世界最貧国の一つだったとは思えない。木村さんのおかげである。


ロイヤル・レガリア(王室史料館)

王室の繁栄を実感できる博物館である。ブルネイの歴史について学ぼう。ここには、お土産物屋さんもあるので、お土産を買っておこう。ブルネイはお土産物屋さんが少ない。


イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)

世界最大の国王の私邸。私邸だから当然中には入れないと思いきや、ラマダン(絶食期間)明けの3日間は王宮に入り、豪華な食事をいただける。もちろん長蛇の列であるから、根性のある人は挑戦しよう。


マレー技術博物館

ブルネイの歴史博物館。


カンポン・アイール(水上集落)

またまた、ブルネイの定番観光名所である。テレビ等で見た人もいるかもしれない。世界最大級の水上集落である。ツアーもあるし、個人で地図を片手にぶらぶら歩くのも良い。何せ、ここ何年も強盗事件や殺人事件が起きていないという、治安のよい国である。

 

ガドン ナイトマーケット

その場で食べられる食べ物がたくさん売られているので、少しずつ楽しむにはもってこいと人気がある。

 

Tasek Lama Recreational Park

町中に残された熱帯雨林の公園。いくつかの散歩道があり、結構、すいています。

 

 

ムアラ

 

マアーラ・ビーチ

ブルネイは雨が多いため海水浴はあまり流行らないが、ムアラ周辺の海岸は砂浜が続き、晴れた日には海水浴もできる。雨の日ばかりでもありませんので。

 

 

ジュルドン

 

ジュルドンパーク

東南アジア最大級の遊園地。夜のイルミネーションが美しいが、帰りの交通も注意しておこう。

 

ブキット・シャバンダー・フォレスト・レクリエーション・パーク

熱帯雨林の中にハイキング道が作られている公園。ところどころに岩が露出して眺めのいいところもある。

 

 

ブカン・ツトン

 

ベラカス森林国立保護区レクリエーションパーク

348ヘクタールの大きさでハイキングコースがたくさんある。マウンテンバイクのコース、バーベキュー設備、ビーチの眺めを望む施設などがある。

 

 

セリア

 

10億バレル記念碑

セリアの油田が、発掘10億バレルを記念して建てられた記念碑はその象徴的存在の観光スポット。石油採掘施設の見学も可能である。

 

石油・ガス発見センター

ブルネイシェル石油の運営する対話方式の博物館

 

 

クアラ・ブライト

 

クアラ・ブライト・モスク

水上に浮かんでいるようなモスク。クアラ・ブライトで一番人気の観光スポットである。

 

ティーポットラウンドアバウト

 

ブライトミュージアム

 

 

スカン周辺

 

ワスアイ ウォン カディル レクリエーション パーク

 

ラビ・フォレスト保護区

 

タセック・メリンブン・ヘリテイジ・パーク

 

 

テンブロン地区

 

ペラダヤン・フォレスト保護区 

 

ウル・テンブロン国立公園

 

 

ブルネイのお土産

 

銀、黄銅製品

アクセサリーのほか、置物、写真立て、スプーンなど。

 

「ソンケット」

金銀の糸を使った華やかな織物。かつては王族しか身に着けることができなかった。結構、高価。


 

「パンダン」や「メンクァン」

植物や竹で編んだかごやマット類は、ブルネイの特産品。

 

記念切手

国王が印刷されているものが人気。

 

「せっけん」

お土産の買い足しに。スーパーでも売っている。

 

「なつめやし」

「デーツ」と言う。砂糖漬けになっていてとても甘いが、栄養価が高く整腸作用や免疫作用などもある。


 

テングザルグッズ

ブルネイには多数のテングザルがいる。ちょっと森の深い所に行けば見ることができる。ぬいぐるみが人気。

 

チョコレート

海外旅行の定番土産である。

 

 

ブルネイのお土産は「ハンディークラフトセンター」のほか、オールドモスクのそばの巨大なショッピングモール「ヤヤサン・コンプレックス」や、スケートリンクもある最新のショッピングモール「ザ・モール」などで買うのがおすすめ。

 

<お得な情報>

医薬品の海外個人輸入代行なら【ちょっと変わった「どらっぐすとあ」】。まだ全然ですが、寄って行って下さい。徐々に増やしたいと思いますので、お役に立てば幸いです。

 

チケットぴあ

チケットぴあと提携しています。何かのチケットを買う時にはご利用下さい。

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

translate

ウィジット

なんとなく「ポチッ」っとお願いします。

「チケットぴあ」からの購入可能

チケットぴあ

チケットぴあよりチケットの購入が可能になりました。

頭痛の時はこちら

緊張型頭痛なら、
ボルタレン(Voltaren)50mg

または、
トラマドール50mg(Arrow-Tramadol)

片頭痛なら、
イミグラン(Imigran)50mg
または、
イミグラン(Imigran)20mg 点鼻薬

その他人気のある鎮痛薬は、神経性の痛みに効果の高い、
リリカ(Lyrica)150mg

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM